に投稿

レコードの回転数「33回転」と「45回転」の違いとは?

レコードの回転数には、33回転と45回転がありますが、回転数により何が変わるのでしょうか?ここでは、回転数による違いと、それぞれの適性について紹介したいと思います。

音質に優れる45回転

それぞれの回転数では音質に違いがあり、一般的に45回転の方が優れていると言われています。33回転に比べて45回転の方が速く回転するので、例えば、同じ曲をそれぞれの回転数で収録した場合、45回転で刻まれた溝の方が長くなります。

溝の長さが長くなることで、楽曲の収録面積が広くなり、ゆとりのある状態で音を収録できます。これにより音の解像度が向上するので、45回転で収録した方が、音質が良くなるというわけです。

Photo by Ugaya

長時間の収録が可能な33回転

音質が良いなら、すべて45回転で収録すれば良いのではと思う方もいるかもしれません。もちろんその通りなのですが、物理メディアであるレコードは、収録できる範囲が限られています。45回転の場合、収録面積が広くなってしまうので、33回転に比べて収録できる時間が短くなります。

従って、アルバムなどの長時間の音源を収録する場合は、必然的に33回転ということになります。ロックやジャズ、クラシックなどのLP盤が、33回転なのは、このような理由からです。ちなみに、LPはロングプレイの略です。

また、ジャンルによっては、音質の優位性や長時間収録という理由とは関係なく、33回転が好まれるケースもあります。例えばヒップホップでは、スクラッチという技がありますが、このスクラッチする際のレコードの操作性の良さからか、アルバムはもちろんシングルでも、33回転が主流となっていてます。このように、ジャンルのスタイルにならって、回転数を選ぶというのもありですね。

CUT&RECでは、次回のウェブサイトのアップデートで、LP盤にも対応予定です。これにより長編の収録も可能になるので、お楽しみに!

に投稿

アナログレコードに適した音圧の調整方法とは?

iPodの登場以降、イヤフォンで音楽を聴くことを想定したマスタリングが主流となり、音圧が過剰に高められるようになりました。デジタルの場合は、そのような音圧処理を最優先に考えるべきかとも思いますが、レコードの場合はどうなのでしょうか?ここでは、レコードに最適な音圧処理について、紹介してみたいと思います。

音圧調整はダイナミクスを大切に

CUT&RECでは、これまでに様々なジャンルの音楽をダブプレートに刻んできましたが、聴いていて心地良いレコードを作るためには、ダイナミクスが大切な要素のひとつだと感じています。

音楽におけるダイナミクスとは抑揚のことで、音の強弱を表します。コンプレッサーなどのエフェクトを使って音の強弱を少なくし音圧を高めますが、音圧を高めることでダイナミクスが失われてしまいます。

音楽メディアsoundropeに掲載したDJ/作曲家の野崎良太さんのインタビューで、お客さんがクラブに長居しなくなったのは、DJが使う音源の主流がオーディオファイルに変わったことも関係あるのではと話されていましたが、実際に自身が感じているように、その影響は否定できないのではないかと思います。

アナログメディアであるレコードは、分割された音をサンプリングして再生されるデジタルとは違い、音が間引かれることなく連なって再生されます。レコードを聴いて得られる体感は、生演奏によるライブ感に近いものがあります。デジタルでリリースされた音源とは異なる感動を得られるのが、ライブの醍醐味のひとつとも言えますが、オーディエンスの感動を引き出す効果のひとつとして、音の抑揚が挙げらます。

レコードの場合、デジタルに比べて失われる音声成分が少ないため、音の抑揚も忠実に再現されます。よって、オリジナルの音楽をレコードに収録する場合は、ダイナミクスを活かしたマスタリングを行うことで、より心に響く、感情に訴えかけた作品を作り出すことができます。

手軽にマスタリングできるウェブサービス「Landr」

音楽のクオリティを向上させる手段として、マスタリングは欠かせません。マスタリングは、音量や音像の調整、そして音圧の調整が主な作業となりますが、誰でも簡単にできるわけではありません。よって、マスタリングエンジニアへ依頼するケースも多いかと思いますが、予算もそれなりに必要になります。

そこで、手軽にマスタリングを行いたいとう方へお勧めなのが、オンラインのマスタリングサービス「Landr」です。Landrは、AIによる自動マスタリングが可能な月額マスタリングサービスで、使用頻度に応じた3つのプランが用意されています。例えば、月額¥400のベーシックプランであれば、自動マスタリングされたWAVファイルを1曲¥899でダウンロードすることができます。

Landrでは、Low(低音圧)/Medium(中音圧)/High(高音圧)の3つの音圧から、好みのマスタリングが施されたマスターファイルを作成して、ダウンロードできます。マスターファイルの作成前に、3つの音圧による違いを聴き比べられるので、お好みの音圧を選択してください。

元となる音源のミックス状態にもよりますが、アナログレコードへ収録するためのマスターファイルを作成する場合は、音圧が高すぎないLow(低音圧)または、Medium(中音圧)が良いかと思います。

Landrのプレビュー画面

Landrはデジタル向けのマスタリングなので、アナログに収録する場合の相性はどうかなと、Landでマスタリングした楽曲を使ってカッティングしてみたのですが、問題ありませんでした。ですが、Landrのマスタリングに物足りなさを感じたり、こだわりのアナログ用マスタリングが必要な場合は、マスタリングエンジニアさんへ依頼することをお勧めします。意見を交わしながら作業を進められるエンジニアさんへ依頼することで、よりイメージ通りのアナログレコードに仕上がるはずです。

アナログ向けマスタリングは、ダイナミクスを大切に。Landrを使用する場合でも、エンジニアさんへ依頼する場合でも、音の抑揚は、聴いていて心地よいアナログレコードを作るための大切な要素となるので、参考にしてください。

に投稿

MP3は予想以上に多くの音声成分が失われている

圧縮ファイルのMP3は、WAVなどの非圧縮ファイルに比べて容量が軽く、データ送信や持ち運びなどの点でメリットがあるため、一般的に広く利用されています。ファイルが圧縮されているMP3ですが、WAVに比べて、いったい何が失われているのでしょうか?その違いを知るために、MP3とWAVをカッティングして、聴き比べてみました。

多くの音声成分が失われてしまうMP3

音楽メディアsoundropeで、「オーディオフォーマットの聴き比べクイズ」を紹介したことがあるのですが、筆者がこのクイズでMP3とWAVを聴き比べてみたところ、なかなか違いはわかりませんでした。

オーディオファイルの聴き比べでは、音質の変化を認識するのは難しいのですが、Ryan Patrick Maguireの作品「moDernisT_v1」では、MP3へ変換した際に失われる音声をわかりやすく理解することができます。この作品は、スザンヌ・ヴェガの名曲「トムズ・ダイナー」をMP3に変換し、その際に失われた音声に若干の加工を加えて作られています。

原曲と聴き比べてみると、どのような音声が失われているのかを認識できますが、実際にこれほどの音声が失われているとは、とても驚きです。

レコードを作るならWAVファイルがおすすめ

それでは、MP3をダブプレートに収録すると、どうなるのでしょうか?MP3とWAVを使用してカッティングを行ってみたところ、オーディオファイルの聴き比べテストではわからなかった違いも、レコードでは歴然でした。

MP3を収録したレコードは、平面的で伸びのない音質になりました。一方、WAVを収録したレコードでは、アナログ特有の力強さが生まれ、オーディオファイルでは得られない、立体的な音に仕上がります。音に奥行きが生まれたからか、デジタルで感じる違和感がなくなり、聴いていて心地良さを感じます。

CUT&RECでは、WAVはもちろん、幅広いニーズに応えるために圧縮ファイルのM4aやMP4、そしてMP3の入稿にも対応しています。しかし、お伝えした通りの違いが生まれるため、オリジナルの楽曲を収録する場合は、可能な限りWAVファイルでの入稿をお勧めします。

また同じWAVファイルでも、サンプルレートやビット深度といったフォーマットの違いにより、レコードの音質が変化します。フォーマットの違いによる音質の変化については、soundropeの「マスター音源のフォーマットの違いによりレコードの音質はどう変化するのか?」という記事で、詳しく紹介しています。良質なレコード製作のために役立ててもらえる重要な情報かと思いますので、是非そちらもチェックしてみてください。

に投稿

【雑誌掲載】ストリートファッション誌「GRIND vol.94」に掲載されました

ストリートファッション誌「GRIND vol.94」2019年7・8月号にCUT&RECのサービスが紹介されました。取材記事では、簡単なインタビューとともに、CUT&RECのスタジオの様子が掲載されています。

その他にも、こだわりのカルチャー情報や話題の人にフォーカスしたコンテンツが、たくさん載っているので、是非雑誌を手に取ってみてください。

https://grind-mag.com/

GRIND Magazineウェブサイト
に投稿

お届けするダブプレートの再生確認作業をご紹介

CUT&RECのダブプレートサービスでは、レコードをお届けする前に入念な再生確認を行い、問題がないことを確認してから商品を発送しています。ここでは、CUT&RECがどのような再生環境で、レコードの再生確認を行っているのかを紹介します。

定番レコードプレーヤーと老舗メーカーの再生針での再生確認

レコードプレーヤーには、70年代の発売からこれまでも多くの人に使用されている定番SL-1200シリーズの「Technics SL-1200 MK5」使用。再生針には、老舗のレコード針専門メーカーortofonのエントリーモデルに位置付けられる「ortofon 2M Red」を使用して、レコードのカッティングにおける再生確認を行っています。

Technics SL-1200 MK5

CUT&RECのサービス開始当初は、まず音質を整えるため周波数レンジが広いMC型の「ortofon MC Q5」を使用して再生確認とカッティングを繰り返し、独自の音作りを行いました。

音質調整が確定したうえで、歪みや針飛びを確認するために出力が大きいMM型針の定番とも言える「SHURE M44G」を再生確認として使用していたのですが、昨年敢え無く生産完了となってしまったため、現在使用している「ortofon 2M Red」を導入しました。ortofonの製品の中でも手頃な部類の針ですが、音のバランスもよく、歪みや針飛びなどのトラブルを正確に把握できるので、作業ではとても重宝しています。

ortofon 2M Red

レコードの溝の劣化を考慮した確認作業

レコードは、オーディオファイルやCDとは異なり、実際にカッティングしてみないと、どのようなサウンドに仕上がるか分かりません。そのため、事前にテストカッティングを行って、収録する音声を調整するのですが、この作業とともに重要なのが、歪みや針飛びがないかの確認作業です。

最終的な再生確認は、本番カッティング後のレコードに対して行うのですが、できるだけフレッシュな溝の状態でレコードをお届けするために、何度も再生針を置くわけにはいきません。従って、カッティング直後のレコードの音声を録音して、そのオーディオファイルを使って詳細な確認作業を行っています。こうすることで、お届けするレコードの溝の劣化を最小限に抑えています。

カッティングに使用するDAW「Studio One 4」

オールインワンタイプでのレコード再生について

エントリーモデルであるオールインワンタイプのレコードプレーヤーは、トーンアームの作りが簡易的なので、針飛びしやすい性質を持ちます。市販のレコードでも針飛びする場合があるようですが、そのリスクはダブプレートも同様です。

CUT&RECでは、オールインワンタイプでのレコード再生を推奨していませんが、オールインワンタイプでも安心して再生できるよう、カッティングの調整を行っています。今後も、再生確認環境の充実と技術の向上を図り、多くの人に楽しんでもらえるダブプレートをお届けしていきたいと思います。

に投稿

【イベント出展】Reebok 90s Houseに出展いたします

ダブプレート作成サービス『CUT&REC』は、2019年4月5日(金)~14日(日)に原宿のB-SIDEで開催される、リーボックの未公開アーカイブや日本初上陸となる作品が集結する期間限定ミュージアム「Reebok 90s House」に出展いたします。

90年代をテーマにしたReebok 90s Houseでは、期間中1日30枚限定で、人気ヒップホップ・アーティストAwitchと、WilyWnkaの楽曲を収録した7インチ・レコード(透明のクリア盤)を無償でプレゼント。会場にCUT&RECの機材を持ち込み、カッティングの実演を行います。

Reebok 90s Houseの参加はフリー。開催期間中は、CUT&RECのスタッフが常駐してるので、是非お立ち寄りください!

【Reebok 90s House開催概要】
開催期間:2019年4月5日(金)〜 4月14日(日)
営業時間:11:00〜20:00 *カッティングの実演は、12:00~18:00となります。
入場料:無料
会場:B-SIDE(東京都渋谷区神宮前5-11-2)*カッティングは、併設会場Think!で行います。

に投稿

【メディア取材】ブライダル産業新聞で当サービスが紹介されました

結婚式ビジネスにまつわる情報発信を行う、ブライダル産業新聞の2月21日号にて、CUT&RECが紹介されました。

ジャケットやピクチャー盤を自由にデザインできるCUT&RECのオリジナルレコードは、結婚の記念品やプレゼントとしても多数ご利用いただいています。

取材記事では、結婚の記念品としての活用事例などが紹介されていますので、業界関係者の方は是非チェックしてみてください。

オリジナルレコードの活用に関するご相談は、以下のフォームからお問い合わせください。

ブライダル産業新聞ウェブサイト:https://bridalnews.co.jp/

に投稿

【イベント出展】プレミアム・インセンティブショーに出展いたします

ダブプレート作成サービス『CUT&REC』は、2019年2月12日(火)~15日(金)に東京ビッグサイトで開催される、販促・企業ギフト・マーケティングの国際的な見本市「第59回インターナショナル・プレミアム・インセンティブショー春2019 」に出展いたします。

展示ブースでは、レコードプレーヤーと共にサンプルレコードの展示を行いますので、実際に商品を手にとり、試聴することも可能です。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

*来場には事前登録が必要です。詳細は、プレミアム・インセンティブショーウェブサイトにてご確認ください。

開催日時

  • 2019年2月12日(火)10:00~18:00
  • 2019年2月13日(水)10:00~18:00
  • 2019年2月14日(木)10:00~18:00
  • 2019年2月15日(金)10:00~16:00

開催場所

  • 東京ビッグサイト 西展示棟 西3-4ホール
  • 西3-T09-12ブース

に投稿

【メディア取材】日本経済新聞電子版で当サービスが紹介されました

日本経済新聞電子版にて、CUT&RECの紹介動画が公開されました。レコードの製造工程や、お客様の活用事例について取材されていますので、是非チェックしてみてください。

に投稿

ダブプレートとは?1枚だけのアナログ盤が持つ特別な意味と価値

CUT&RECのサービスの根幹をなすダブプレート(DUB PLATE)。このダブプレートという言葉自体、あまり馴染みがなく「市販のアナログレコードと何が違うの?」という方もいるかもしれません。CUT&RECでは、ダブプレート・カルチャーが少しでも根付いてほしいという想いから、あえてこの言葉を使っているところもあります。

ここでは、そのような疑問を解消すべく、ダブプレートについて説明したいと思います。

ダブプレート・カルチャーとその起源

ダブプレートとは、本来、アナログレコードの種類のひとつで、1枚ずつレコードの盤面に直接溝を刻む「ダイレクトカッティング」により、職人的に音源が収録されたアセテート製のレコード盤のことを指します。一方、市販のアナログレコードは、大量ロットでの生産工程である「レコードプレス」により、工業的に大量生産されています。

ダブプレートの起源は、60年代のレゲエ・シーンに遡ります。レゲエ発祥のカルチャーに、複数のスピーカーを野外などに持ち出して、爆音を鳴らすサウンドシステムがあります。サウンドシステムは、サウンドクルーごとの所有物で、それぞれのクルーが大きな音で音楽を鳴らし合う「音のバトル」が、サウンドクラッシュです。

サウンドシステムを用いたサウンドクラッシュ

このサウンドクラッシュにおいて、自分達だけのアナログレコードを作って音源を鳴らし、ライバルに差をつけるために広まったスタイルこそ、ダブプレート・カルチャーの始まりと言えるでしょう。このときに再生されるオリジナルのレコード盤を「ダブプレート」と呼んでいたのです。「世界にたった1枚だけ」という意味合いから、「スペシャル」と呼ばれることもあります。

なぜ、大量に作られる一般的なアナログレコードではなく、1枚単位のダブプレートが使用されてきたのでしょうか?その理由は、完成までのスピードと製造コストにあります。通常レコードを作るとなると、マスター盤をカットしてから金型を起こして、大量生産するための「プレス」という工程が必要となります。このため完成までに数ヶ月かかってしまう可能性があるうえ、数百枚単位の大量オーダーとなるため、その採算を取る必要が出てきます。

ダブプレートを再生する様子

ダブプレートは、いち早く新たな音源をサウンドクラッシュで投下したいクルーにとっては、ダイレクトカッティングだけで完成するスピード感と1枚からオーダーできる手軽さから、重宝されていました。インディペンデントなサウンドが刻まれたダブプレートは、市販のアナログレコードにない特別な意味や価値を持っていました。

時代とともに進化するダブプレート

当時のダブプレートは、化学繊維で作られたアセテート盤に収録されたものを指していましたが、アセテート盤の弱点として耐久性の低さが挙げられます。盤面に直接カッティングできるアセテート盤の表面は柔らかく、50回程度再生すると音が劣化してしまいます。これは塩化ビニールでできた市販のアナログレコードに比べると、圧倒的に低い再生回数です。

しかし技術が進化した現代では、塩化ビニール製の盤面に直接カッティングできるようになり、その耐久性も市販のレコードと変わらなくなりました。再生回数はもちろん、バックスピンやグラインド、スクラッチといったハードなDJプレイも可能になりました。もちろん、CUT&RECのダブプレートも塩化ビニール製なので、耐久性は市販のレコードと同等と言えます。

現代におけるダブプレートの活用例

「ダブプレート」の言葉の意味合いも幅が広がってきており、元々は、オリジナル楽曲をアセテート盤にダイレクトカッティングされたものをダブプレートと呼んでいたわけですが、今では、CD-Rやオーディオファイルなどデジタル化されたオリジナル音源も、ダブプレートと呼ばれる場合もあります。

また現在では、1枚もしくは小ロットで作られるダブプレートが、レゲエに限らず、ベースミュージックをはじめ、幅広い音楽ジャンルに浸透してきています。

大切な作品を世界に1枚だけのダブプレートに

テクノロジーの進化により曲作りやリスナーへの楽曲の届け方も大きく変化しました。DAWを使用することで誰でも手軽に音楽を作れるようになり、最終形態としてオーディオファイルが一般的になっています。音楽のデータ化により、インターネットを通じて、誰でも自分の楽曲を多くの人々に向けて公開できるようになったのは、素晴らしいことです。

ただ、その反面、膨大な情報が渦巻くインターネットにおいて、楽曲が当たり前のようにデータとして並列に扱われるようになったため、日々更新される情報の波に埋もれやすくなっています。簡単に音楽にアクセスできるようになったことで、「音を再生する」という体験が蔑ろになっているのかもしれません。そのようなことから作品の個性や温度感が失われ、それぞれの作品が持つ本来の意味や価値が伝わりづらくなっている側面もあります。

だからこそ、近年、アナログレコードが作品と向き合うことができる音楽メディアとして再評価され、アーティストがプライベートな作品を残す手段として、ダブプレートが世界的に見直されているのかもしれません。

ダブプレートカッティングを行うCUT&REC
Photo by Ugaya

CUT&RECは、大切に作り上げられた音楽やメッセージを1枚ずつレコード盤に刻み(CUT)、ジャケット付きのアナログレコード(REC)にして、提供するダブプレート・サービスです。

カタチあるレコード盤とジャケットは、作品の世界観を表現する最適なフォーマットです。そして、ダブプレートの溝から再生されるアナログサウンドは、忘れかけていた音楽の楽しみ方を気付かせてくれます。

大事な記録として残したい作品や、大切な人へのプレゼントとして、あなたの音楽をCUT&RECのダブプレートに刻んでみませんか?世界に一枚だけのダブプレートに針を落とす、スペシャルな体験をお届けします。